表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
30年5月「五分五分」
30年4月「夢」
30年3月「荒れる」
30年2月「飛行機」
30年1月「名人」
29年12月「まじめ」
29年11月「みかん」
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「応募 311句 158人





































 


米山明日歌 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句 
 
    着信が響くそろそろ許そうか 石森あやみ
    シンバルの響いて恋は佳境です 尾崎良仁
   *打たなけりゃ響く太鼓も響かない やっこ
    掌の錠剤命響かせる samu
    響き合うところがあって飲み明かす すずき善作
    梵鐘の響きに雑念破られる こやまひろこ
    世界が少し響き合ったと信じたい 徳重美恵子
   *口コミの影響すぐにでる売り場 恭子
    よく笑う友と余生を響き合い やんちゃん
    田んぼからコントラバスの牛蛙 吉崎柳歩
    五臓六腑に響く山崎ウヰスキー ブランク ながい
    おはようの声響きあう通学路 山口悦子
   *終い湯に美空ひばりを響かせる こみち
    波音が響くグラスの底の海 平井美智子
    響かない番組選び缶ビール 森下博史
    槌音が響く復興へ明日へ アゲハ
    さみしさまぎらす深夜のおせんべい 坪井篤子
    響き良く国民のため国のため 岩窟王
    ジャンプして届く辺りに響かせる 橋田しゅう穂
   *トンネルの壁が落ちそうバイク音 BBブンゴ
    美しい会釈」にこころ響き合う こやまひろこ
    十三の笑うめぐみの声響き 柳川 ひょうご
   *フォルッテシモ一年生の良い返事 板垣孝志
    美男子と決めるラジオの鼻濁音 ようこ
   *わたしにはわたしの響き手風琴 恭子
    夕焼けに球音刺さるグラウンド 人見五郎
    落ち込めば相田みつをの詩が響く 上村夢香
    胸に響く戦場の父の傷跡 高田桂子
    トランプの声が響けば変わる北 前田とくみ
    響き合う心とこころ以下余白 高浜 広川
    大海を震わせ鯨の響く声 浮世っ子
    揺るがない藤井聡太の駒の音 西山竹里
    海鳴りが響いて月が欠けてゆく 真田 義子
    過労死の叫びが響くビル谷間 沢田正司
    白鳥の羽音が川を目覚めさせ 麦乃
    くたびれた靴の音響く都市砂漠 白鳥象堂
秀3*靴音の響きの鈍い月曜日 辻内次根
秀2  日本の桜はとてもいい響き 渋谷重利
秀1  雷鳴が響いて街が走り出す 福多郎
評   題がよかったのか、心に響く句がたくさんありました。街が走り出すとした巧さ。と、
  桜をもってきたセンス。いただきました。

軸  * 雨の日はみすずの声がよく響く                   米山明日歌
                    
 









































 


吉崎柳歩 選(入選3
9句)

 

   *フォルッテシモ一年生の良い返事 板垣孝志
    反戦歌クレッシェンドで響き出し 白鳥象堂
    ハイヒールが響く無人のコンコース 芦田敬子
    響くのは箸の音だけひとり飯 フーマー
    チンの音侘びしく響くワンルーム 光畑勝弘
    飲み過ぎに響くサイフと妻の声 小林祥司
    午前様へ妻の小言がまだ響く ブランク ながい
    戦いに出ていく夜のピンヒール こみち
    悩む子に響く言葉がみつからぬ 圦山 繁
    新病棟うなり声だけよく響く かっちゃん
   *打たなけりゃ響く太鼓も響かない やっこ
    地響きと風で特急通過する あかね雲
    大好きな新幹線は音も好き ムギ
    響かないフレッシュマンに社の理念 ペースかめ
   *わたしにはわたしの響き手風琴 恭子
   *口コミの影響すぐにでる売り場 恭子
    戦場に笛が響いてノーサイド 船岡五郎
    調子よく合わせるだけの人でした 関口行雲
    響き合う愛にもやがて来る別れ 通せん坊
   *雨の日はみすずの声がよく響く 米山明日歌
    後悔を響かせている除夜の鐘 岡野 満
    告白の言葉左脳にまだ響く すずき善作
    空き缶をければ孤独の音響く samu
    ファンファーレ響き高まるボルテージ じゅんたろう
    いい音をここ一番で出すスイカ 柴田比呂志
    活断層に響きはせぬかリニアカー 福村まこと
   *終い湯に美空ひばりを響かせる こみち
    連れ合いと響くところがまた違う 東川和子
    鶯とロマンをハモる牛蛙 丸山 進
    触れられたあたりが鈴になっている 平井美智子
    響き合う鈴の音少しづつずれる 真田 義子
    ここのとこ響くものなく拭く鏡 やひろ
   *トンネルの壁が落ちそうバイク音 BBブンゴ
    反響を見て回り出す輪転機 前川真
    判決に響く被告人の態度 西山竹里
    鐘の鳴る丘から響く反戦歌 よしひさ
秀3*靴音の響きの鈍い月曜日 辻内次根
秀2  酒という家計に響く置き薬 安藤なみ
秀1  賽銭が多いと鈴もよく響く おさ虫

評     鈴の響きは賽銭の多寡には関係ないのだが、願い事が大きくて、ついつい賽銭を

   弾んでしまうと鈴突きにも力が入るだろう。心理的見付けの句。
   耳鳴りの耳にも響く蚊の羽音                     吉崎柳歩
 

               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)

今月のお題 「試合
米山明日歌・吉崎柳歩 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:平成30年7月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:平成30年7月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メール アドレス