表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「豆腐」応募 311句 158人





































 


森山文切 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句

                     何となく買った豆腐がプレッシャー         たごまる子
                     豆腐屋のラッパ昭和の夕まぐれ          光畑勝弘
                  *食べ盛り豆腐ステーキでは不満          竹中正幸
                  *お豆腐があって醤油が切れている         竹中正幸
          順番に黙り湯豆腐掬い上げ             星野睦悟朗
          総入れ歯木綿か絹か決めかねる          颯爽
          味噌汁の豆腐嫁派と姑派               よしひさ
          お豆腐の角で傷つく自尊心              ようこ
          しばらくは豆腐の話聞いてやる                      和田洋子
          離乳食からお世話になっている豆腐               新家完司
          思い出は乾いた音の凍み豆腐                      桐壺
        *真っ白な豆腐にもある自己主張                     芦田敬子
          沖縄の根性語る島豆腐                                新家完司
        *高級な豆腐も食べ方は同じ                           やひろ
          嵯峨豆腐ちょっといびつにゆれている              岩根彰子
          湯豆腐が踊り出す前掬い取る                        幸柳
        *湯豆腐と戯れているひとり酒                         十六夜
          湯豆腐の湯気の向こうにある秘策                  こやまひろこ
          絹漉しの白と滑らかさに惚れる                      片山かずお
          あさはかな白さ豆腐に笑われる                      青砥たかこ
          湯豆腐にするか男のひとりごと                       裕子
          味方などいらぬ強気の冷奴                           田村ひろ子
          もう豆になれぬ豆腐が病んでいる                   藤井智史
          期限切れ豆腐は白いままなのに                     尾崎良仁
          豆腐屋のラッパの音を聞く映画                      坪ようこ
        *湯豆腐が悶えるように浮いてくる                    おさ虫
        *歯応えを問われることはない豆腐                   吉崎柳歩
          名水でできた豆腐の自慢顔                           木村行吉
        *パック詰めされた豆腐がなくす自負                 圦山 繁
          芯の無い男豆腐で口説かれる                       おさ虫
          湯豆腐の匂いが似合う古い寺                       横山閲治郎
        *清貧を装っている冷奴                                  光畑勝弘
           主役にはなれそうもないゆし豆腐                   えい有
          かど立てず存在感のある豆腐                       澁谷さくら
          食卓の豆腐ふるえる妻の乱                          すずき善作
          手のひらで運ぶ豆腐はよく揺れる                   アズスン安須
      秀3 てのひらの豆腐一丁持て余す                        岡本恵
       秀2 女房に豆腐の角を向けられる                        濱山哲也
       秀1  したたかにあなた好みになる豆腐                 竹内美千代
             評        憎らしいほど手強い奴。白い、四角い、なめらかといった豆腐の性質
                     が うまく主張に 取り込まれている。

          トランプは食べたことない島豆腐                   森山文切
             

 









































 


橋倉久美子 選(入選3
9句)

     
                湯豆腐か冷奴かで悩む秋              瀬田明子
          冷奴急に言われた衣更え               太田昌宏
          湯豆腐が主役を張っている京都          こみち 
          意気込みは木綿豆腐のダイエット         あーさまま
          主婦は好きただ切るだけの冷奴          佐伯たみこ
          湯豆腐の湯気が和解をしろと言う         うちだあつこ
          何回も豆腐の角で死んだボク            佐藤彰宏
        *湯豆腐と戯れているひとり酒            十六夜
          単身赴任豆腐一丁持てあます           濱山哲也
          妻の留守豆腐主役となる夕餉           素人
        *清貧を装っている冷奴                光畑勝弘
          老い二人豆腐つついて飲んでいる         山口悦子
          一丁の豆腐を余す老夫婦              竹中えぼし
        *食べ盛り豆腐ステーキでは不満          竹中正幸
          問われれば自慢料理は冷や奴           澁谷さくら
          晩酌のあてに飽きずに安豆腐           アズスン安須
        *高級な豆腐も食べ方は同じ             やひろ
          VISAカード豆腐一丁お買い上げ          安藤なみ
          みんな好き私が作る冷やっこ            真田義子
          悪い人いないと思う豆腐好き            えい有
          豆腐でも歯が欠けそうな歯の弱さ          ちか子
        *湯豆腐が悶えるように浮いてくる          おさ虫
        *パック詰めされた豆腐がなくす自負        圦山 繁
          お豆腐にうらみはないが針をさす         中川喜代子
          早起きが苦手でとうふ屋を閉める         こみち 
          「とおふう」と聞こえるように吹くラッパ       吉崎柳歩
          豆腐にも主菜目指している誇り           石森あやみ
          肉売り場まわって木綿豆腐買う           いわさき楊子
          大好きでも大嫌いでもない豆腐           古都
          一品は豆腐料理でしのぐ膳             じんじん
          あと一品思案のはての冷ややっこ         裕子
          得意料理と言うほどでない冷奴           芦田敬子
          湯豆腐の美味さわかってくる入れ歯        ようこ
          好物はお豆腐ですと総入歯             小林祥司
          手のひらの豆腐ごめんと断首する          松長一歩
          針供養処刑をされている豆腐            圦山 繁
      秀3*お豆腐があって醤油が切れている         竹中正幸
            秀2*歯応えを問われることはない豆腐         吉崎柳歩
            秀1*真っ白な豆腐にもある自己主張          芦田敬子
                  豆腐の気持ちを、最もすっきりと端的に述べた句。代弁をしてくれたと、
                     豆腐も喜んでいることだろう。

            軸    くつろぎは木綿豆腐のまるい白          橋倉久美子
  

               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)

今月のお題 「読む
森山文切・橋倉久美子 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:平成29年10月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:平成29年10月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メール アドレス