表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
29年10月「読む」
29年9月「豆腐」
29年8月「壁」
29年7月「焼く・焼ける」
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「みかん」応募 298句 152人





































 


森山文切 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句

               ひとつでもみかんのいろはぬくいなあ               東川和子
                *さよならが飛ばないように蜜柑おく                   桐壺
                  みかん剥く指の先まで笑ってる                       やんちゃん
                  みかん剥く彼のむきかた真似てみる                田岡修二
                  正月のミカンはひらがなのみかん                   安藤なみ
                  根性を見せた昔の夏みかん                          福多郎
                  自転車の荷台でみかん甘くする                      佐藤彰宏
                  叱られる方もみかんに手を伸ばす                   吉崎柳歩
                  北向きの山のみかんはしたたかで                  光畑勝弘
                  デイサービスみかん食べ続ける母よ                こみち
                *えんぴつの匂い知ってるみかん箱                   十六夜
                *風邪引けばすぐに見舞いにくるみかん             和田洋子
                  完熟のみかんに鋏見せてもぐ                        よしひさ
                  代役のみかんが座る鏡餅                             西山竹里
                *ことしから兄の名前で来たみかん                   ようこ
               *猿よけの柵に入れられみかん狩り                  太田昌宏
                  物書きが深夜独りで食うみかん                      吉一
                *賑わいにみかん二つを入れておく                   東川和子
                  詰め放題無理はさせられないみかん               青砥たかこ
                  みかんのつぶつぶわたくしのいちにち              坪井篤子
                  サイパンで逝きたる叔父の絵にみかん            田地尚子
                  ひと皮を剥けば弱気の夏ミカン                       佐藤ちなみ
                  大きさの基準にされたミカン箱                        伊田網人
                  後悔をしているみかん色の指                         尾崎良仁
                *小袋に収まり行儀良いミカン                          新家完司
                  忖度をして用意したみかん箱                         高浜広川
                  甘ったるいみかんと縁を切る秋刀魚                安藤なみ
                  わたしには意地みかんには種がある               丸山 進
                  こっそりと食べても饒舌なみかん                     岡本恵
                *仏壇の中の一人がみかん好き                       中川喜代子
                  手にあまるみかんさっさと投げ捨てる               蕎麦酔人
                *糸口を探して二つ目のみかん                        藤澤霧堂
                *ゴミ箱の前でみかんを食べている                   ガクちゃん
                *立ち位置を守る酸っぱい夏みかん                  古都
                  仲直りできてみかんを剥く夫                          小林祥司
                 老人会みかん一つを持ち帰る                         こみち
            秀3  卓袱台のまんなか辺にいたみかん                   白鳥象堂
            秀2  マフラーを巻くには早い青みかん                     柴田比呂志
            秀1  夜行バス誰か蜜柑を剥いている                      平尾定昭
            評       「わたし」と同じように眠れない人がいるようです。蜜柑のいい匂いに
                   感じる懐かしさ。早くバスが着いてほしいですね。

              認められたらまんまるになるみかん                   森山文切
               

 









































 


橋倉久美子 選(入選3
9句)

     
           何事もなかったようにみかんむく           春爺
          みかん剥きながら密談など出来ぬ         竹中正幸
          皮を剥くネイルアートは蜜柑色           荘子 隆
          演説に動員されるみかん箱             甲斐良一
          甘っかった青いミカンに騙される           堀 敏雄
          みかん剥く柔な鎧を脱ぐように           岸井ふさゑ
          花盛りしなびたみかんにもあった          徳重美恵子
          運動会青いみかんに出た元気           田地尚子
        *ゴミ箱の前でみかんを食べている         ガクちゃん
        *小袋に収まり行儀良いミカン            新家完司
          手土産のみかんが甘い いい人だ         汐海 岬
          みかん剥くみかんの内緒事をむく         笹田しま
                 ともかくもミカンがあってお正月            岡野 満
                 お帰りと炬燵で待っているミカン           田村ひろ子
                 蜜柑しかなかった頃の黄の温み          柴田比呂志
                 贈答に貰うみかんはみな美人            竹中えぼし
          お日様の体温つめている蜜柑           笹田しま
          炬燵からついでにみかん欲しい声         風間なごみ
          おまえまで甘くなったか夏ミカン           圦山 繁
        *立ち位置を守る酸っぱい夏みかん         古都
          長男にまだ嫁がないミカン山            渋谷重利
          秋日和旅の車窓に置くみかん            北田のりこ
        *えんぴつの匂い知ってるみかん箱          十六夜
        *猿よけの柵に入れられみかん狩り         太田昌宏
        *賑わいにみかん二つを入れておく         東川和子
        *さよならが飛ばないように蜜柑おく         桐壺
          みかん剥くネイルアートの指立てて         こやまひろこ
        *仏壇の中の一人がみかん好き            中川喜代子
          途絶えたら会話のつなぎみかん剥く        木村行吉
        *糸口を探して二つ目のみかん            藤澤霧堂
          みかん剥く敵のように爪立てて            岸井ふさゑ
          弁当箱にみかんの輪切り幅効かす         青砥たかこ
          帰省の子待ってる箱入りのみかん         裕子
          いただいたみかんひと箱持て余す          坪ようこ
        *風邪引けばすぐに見舞いにくるみかん       和田洋子
          口下手に何よりみかん剥く時間           芦田敬子
      秀3*ことしから兄の名前で来たみかん          ようこ
      秀2 民宿のデザートとして出るみかん          西山竹里
      秀1 みかんなら自分で剥ける独り者           吉崎柳歩
            評       みかんとバナナはむきやすい果物の双璧? 保存を考えると、みかん
                    が最も独り者向きか。
         ご挨拶代わりにみかん配り合う           橋倉久美子
     

               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)

今月のお題 「まじめ
森山文切・橋倉久美子 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:平成29年12月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:平成29年12月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メール アドレス