表示(V)→拡大100% 文字(中)

 
バックナンバー
29年6月「さっぱり」
29年5月「負ける」
29年4月「普通」

29年3月「黄」
29年2月「引く」
29年1月「質問」
28年12月「悟る」
28年11月「痛い」
28年10月「秋」
28年9月「慣れる」
28年8月「文化」
28年7月「滲む」
28年6月「裸」
28年5月「腐る」
28年4月「血」
28年3月「酒」
28年2月「箱」
28年1月「軽い」
27年12月「乾く」
27年11月「熱心」
27年10月「ゴミ」
27年9月「庶民」
27年8月「比べる」
27年7月「得意」
27年6月「水」
27年5月「貫く」
27年4月「耳」
27年3月「押す」
27年2月「潜む」
27年1月「値打ち」
26年12月「刻む」
26年11月「風呂」
26年10月「暮れる」
26年9月「涼しい」
26年8月「織る」
26年7月「腹」
26年6月「やっと」
26年5月「半分」
26年4月「溢れる」
26年3月「太い」
26年2月「掴む」
26年1月「餅」
25年12月「虫」
25年11月「長い」
25年10月「夜」
25年9月「飽きる」

25年8月「卵」
25年7月「予防」
25年6月「根」
25年5月「ほどほど」
25年4月「首」
25年3月「底」
25年2月「脱」
25年1月「笑う」
24年12月「閉じる」
24年11月「約束」
24年10月「布」

24年9月「旗」
24年8月「かたち」
24年7月「粘る」

24年6月「音 」
24年5月「焦る」
24年4月「家」
24年3月「勇気」
24年2月「開く」
24年1月「踏む」

23年12月「強い」
23年11月「盗む」

23年10月「風」
23年9月「酒」
23年8月「電気」

23年7月「薄い」
23年6月「道」
23年5月「干す」
23年4月「欲」
23年3月「祈る」
23年2月「敵」
23年1月「どきどき」

22年12月「不便」
22年11月「探す」
22年10月「うんざり」
22年9月「帽子」
22年8月「切る」
22年7月「苦手」
22年6月「ガラクタ」
22年5月「弱い」
22年4月「桜 」
22年3月「待つ 」

22年2月「丁寧 」
22年1月「限界 」
 
以前のバックナンバー

 

前月入選句発表 お題「焼く・焼ける」応募 311句 157人





































 


森山文切 選(入選39
句)          
印は両方の選者から入選した句

                     ヤキモチはバーナーよりも炭にして             深谷江利子
                     焼き加減妻の片仮名繰り返す                   森下博史
                     おばちゃんは嫌われたって世話を焼く         よもやま話
                     美人見る度焼いてたらきりがない               中川喜代子
                     あと戻り出来ないように手紙焼く                 渋谷重利
                     手の焼ける部下はきれいな目をしてる         光畑勝弘
                     十年で顔色変えた記念写真                      蕎麦酔人
                  *日焼けしたシャツよお前も仕事人               竹内いそこ
                     肌焼いた前田美波里になりたくて                佐伯たみこ
                      クッキーの焼けた匂いに春も過ぎ              横山閲治郎
                     黒焦げのパンで朝からなじり合う                すずき善作
                     セピア色焼けても若い亡母の顔                 かずよねえちゃん
                     爪切って燃やしてぼくになるけむり              月波与生
                     焼け焦げていても切れない赤い糸              前川真
                     洪水から遠くトウモロコシを焼く                   新家完司
                     喧嘩しても鯵の塩焼きはうまい                   東川和子
                     焼くことも値段のうちというもんじゃ              橋倉久美子
                     焼けあとを見て思い出すほどの恋               ようこ
                     太陽は手加減なんて知りません                 中田 尚
                     手を焼いた生徒がくれる年賀状                 甲斐良一
                  *まんじゅうの焼き印ミスが許されぬ             城崎れい
                     嫁ぐ前過去を焼いたら消えた部屋              猫じゃらし
                     本気です焦げ目の跡は隠さない                 まみどり
                  *冷静に焼いておりますIH                          加藤当白
                     焼け跡の溝で生きてる糸ミミズ                  古都
                     躓いた石に焼かれたお節介                      高浜広川
                     ワイキキの浜で胸焼けして帰る                  おさ虫
                  *山火事になるとニュースになる野焼き         吉崎柳歩
                  *玉子焼き比べるものじゃありません            くじょうまる
                  *ちっぽけなことだが古い手紙焼く                高浜広川
                     日に焼けた肌も光っていた青さ                  あーさまま
                     焼き鳥の煙に咽せて飛ぶ小鳥                   丸山 進
                     帰れコール焼いた魚のせいにする              彩古
                     正論の右半分に日焼け止め                      いわさき楊子
                     ウェルダンとは言わぬ餃子の焼き加減        西山竹里
                     火葬場の当直員がパンを焼く                    月波与生
            秀3*焼鳥の串は人事も知り尽くす                     田岡修二
            秀2   独り居の焦げ目くっきり卵焼き                    青砥和子
      秀1  好きでもない菊を敷き詰め柩焼く                石森あやみ
            評    有る程抛げ入れよと言う人もあれば、 「好きでもなかったけど」と思う人
                  もあるが、根底にある想いは同じである。

                下心ないです肌は焼いてます                      森山文切
 

 









































 


橋倉久美子 選(入選3
9句)

     
                 いい匂いマフィンが焼けて仲直り                 猫じゃらし
                     夕焼けを背に張りつけランドセル                 岸井ふさゑ
                     夕焼けを背負って帰る三輪車                     光畑勝弘
                      レアーよりウェルダンが好き恋ならば          はぐれ雲
                     高級な肉は上手に焼けぬ母                       森山文切
                     草焼かずマナー堅持のゴミ袋                     あきら
                     焼けるまで待ってはおれぬバーベキュー       武良銀茶
                     お隣も蒲焼きらしい換気扇                         大釡洋志
                     焼却の運命秘密公文書                             徳重美恵子
                     内緒話かすかに読める灰のあと                  坪井篤子
                     この彼はお好み焼きのお付き合い               八王寺宇保
                     世話が焼けるお人だねえと嬉しそう              佐藤千四
                     落ち葉焼くだけで飛んでく消防車                 福多郎
                     かば焼きの香りが財布そそのかす              わこう
                     お醤油が焼ける匂いの夜店の日                 重郎
                     夕焼けに呑み込まれてる過疎の村              青砥和子
                  *焼鳥の串は人事も知り尽くす                      田岡修二
                     秋刀魚焼く煙をまずは目に食わせ               荘子 隆
                  *ちっぽけなことだが古い手紙焼く                 高浜広川
                     焼き捨てた恋 灰だけは取っておく              汐海 岬
                     地獄から焼きが悪いと来た小言                  小林祥司
                  *玉子焼き比べるものじゃありません             くじょうまる
                     身を焼いて主人護っている日傘                  圦山 繁
                     生焼けの未練がたまに顔をだす                 十六夜
                     あっけなくボタン押されて荼毘になる            満月庵
                     弁当にないとさみしい玉子焼き                   ねこママ
                     焼けるまで待てば隣の箸がくる                   ようこ
                  *日焼けしたシャツよお前も仕事人                竹内いそこ
                     細身でもまけてくれない火葬場                    星野睦悟朗
                     右腕がこんがり焼けたドライバー                 佐藤彰宏
                     枯草を焼くだけなのに消防車                      坂本加代
                     山焼きでまた振り出しに戻る山                   木村行吉
                  *山火事になるとニュースになる野焼き           吉崎柳歩
                     串が焼けぬよう刺してあるうなぎの身           西山竹里
                     蒲焼の匂い公害とは言わぬ                       瀬田明子
                     雑談のようにたこ焼き食べている                佐藤ちなみ
            秀3*まんじゅうの焼き印ミスが許されぬ               城崎れい
            秀2    焼きめしがメニューには無い炊飯器            小川はつこ
            秀1*冷静に焼いておりますIH                            加藤当白
            評     秀句3句はいずれも食べ物関係。私は擬人化が好きでよく使うが、IHの
                  擬人化とはおそれいった。
                  未練残らぬようにからっと焼き上げる           橋倉久美子
 

               
 
 

 

どなたでも投句できます(一人2句まで)

今月のお題 締め切りました
森山文切・橋倉久美子 共選
選者には作者名は伏せてあります(順不同)

締切り:平成29年8月15日
                午後8時厳守(以後無効)
発  表:平成29年8月20日 

川柳では「分かち書き」はしません
意図的に「切れ」を入れる場合は別ですが、川柳では17音を「空き」を入れずに表記します。
投句される場合も5・7・5毎に空白を入れず、下記のように詰めて書いて下さい。

<分かち書き>  恋人の 膝は檸檬の まるさかな 
<正しい表記>    恋人の膝は檸檬のまるさかな
   
 

                                        ネット句会に投句され、ご希望の方には「川柳すずか」見本誌を差し上げます。
                     ホームページの
「ご意見、ご感想」欄から、ご住所記載のうえ、『見本誌希望』
                    と記入の上、お申し込みください。
                    最新号が切れている場合は少しお待ちいただくことがあります。
     

 


こちらから投句してください。(一人2句まで有効)

 

 
一句 :
二句 :

雅名を入力してください

雅名・HN可(必須)
電子メール アドレス